アニソン天国

アニメ全般(テレビ・漫画・ゲーム・音楽・声優) 新しいものを中心に、イベント情報や懐かしいアニメ、アニメソングなどの情報を提供していきたいと思います。

    カテゴリ: コスプレ


    タレント叶美香9月12日東京池袋の新文芸坐で行われた「デッドプール2」のブルーレイ&DVD発売を記念した"ちゃんとおしゃべり上映"特別試写会に出席した。

    【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

    傭兵ウェイド・ウイルソンことデッドプール(ライアンレイノルズ)が、未来からやってきた強敵ケーブル(ジョシュ・ブローリン)からを秘めた少年を守るため、ヒーロー集団「Xフォース」を結成するシリーズ第2作。本日9月12日に発売されたソフトには、劇場版より約15分長尺の「スーパードゥーパー$@%!#&カット(エクステンデッド版)」を収録。MCを務めたアメコミ評論家杉山すぴ豊氏は「駄に長くないんです! 良いところばかり増えていて、予告編にはあったセリフが入ってたり、音楽の使い方が少し違っています。"モノを作っていく"過程も楽しめるバージョンなんですが、かなり過なのでこっそり見ていただきたい」と説明していた。

    キャラクタードミノ(ザジー・ビーツ)のコスプレ全再現したが登壇すると、その"ファビュラス"な仕上がりに、客席からは感嘆のため息が漏れた。既に4回鑑賞している「デッドプール2」について「前作よりもアクション、見せ場が増えていて、とてもテンションが上がりました」と絶賛。今回のコスプレに関しては「表面的な完成度だけでなく、ファンに対する敬意を払う。これは"のポリシー"に通じる点です。その部分を重んじて、立ち居振る舞い、ポージング、全て(恭子)の厳しい監修のもと、ベストを尽くして表現できるように頑ってみました」とっていた。

    さらに「他のコスプレをする際には、下着マナーについても考えています」と告白。「普段のドレススタイルの場合、透けないように下着をつけないことが多いんです。コスプレなものだったり、かなりしい露出をすることもあるので、その辺のマナーは考えていますね。なので、線の出ない"はめるショーツ"をつけることも」とこだわり抜いているようで「そのショーツは、今後ブログの方にアップするかもしれません」と宣言していた。

    もしも『Xフォース』のオーディションを受けるとしたら、どんなアピールする?」という質問が投げかけられると、「かどうかは別として……私には強運を含め、世界最強がおります」と切り返した。「そういうことをアピールしながら、『もしも合格したら、を連れてまいります』とお話します」と続け、場内の笑いを誘っていた。

    客席を魅了した叶美香


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【叶美香、「デッドプール2」の新キャラクター・ドミノのクオリティの高いコスプレ】の続きを読む


     人気コスプレイヤー伊織もえTwitter8月31日ゲーム作品『ファントム オブ キル』のキャラクター・フライシュッツコスプレショットを披露し、反を呼んでいる。




     伊織は「本日はありがとうございました~~!新宿前にあんなステージあったの知らなかった!(新宿全然いかないしね・*・:( ε:))運営の方々に頂いたスタッフTシャツで帰るよ~~着心地いい!」とツイートし、同ゲームイベントでのオフショット開した。


    伊織もえの“デレマス・鷺沢文香”コス


     これに対してネット上では、「今日いおりんもとても可愛いです」「今回の衣装も似合ってます!」「もえさん可愛いすぎる」などの絶賛コメントが多数寄せられている。


     アイドル顔負けのルックスとスタイルで注を集め、雑誌のグラビアも飾っている伊織CD-ROM写真集やカレンダーの販売も行っており、今の『コミックマーケット94』にサークル参加をし、話題を呼んだ。


    ※画像はTwitterから

    ※画像はTwitterから


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【もえさん可愛いすぎる【ファンキル】フライシュッツコスプレ】の続きを読む


    世界中から大勢のコスプレイヤーが駆けつけた、世界最大規模のコスプレイベント世界コスプレサミット2018(略称WCS2018)」(7月28日8月5日愛知県名古屋市周辺にて開催)。

    「Fate/Grand Order」の葛飾北斎に扮する まぁさん

    そんなWCS2018を取材し、撮影させてもらった美人コスプレイヤーたちの写真を、連載形式で一挙に掲載します。

    第4弾となるこちらの記事では、スマートフォンゲームFate/Grand Order(以下、「FGO」)」のキャラクターに扮したコスプレイヤークローズアップ

    やはりWCSでも「FGO」は人気で、カーミラをはじめ、葛飾北斎ジャンヌ・ダルクネロ・クラウディウスクレオパトラスカサハといったサーヴァントたちが続々集結。イベントらしく、水着バージョン衣装で参加するレイヤーもいて、彼女たちを撮影するための列や囲みが各所に出来ていました。

    また「Fateシリーズでは、「Fate/Apocrypha」や「TYPE-MOON RACING」のコスプレで参加するレイヤーも多く、なかには異なるタイトルサーヴァント同士で、ツーショット集合写真の撮影を楽しむグループも。

    もちろんその他にも、「ラブライブ!」や「アイドルマスター シンデレラガールズ」といった、コスプレイベントではお染みの作品も人気で、会場には連日、大勢のコスプレイヤーカメラマンが駆けつけ、大盛り上がりとなりました。

    大盛況となったWCSに続き、9月20日(木)~23日(日)には「東京ゲームショウ2018」(幕張メッセにて開催)、10月27日(土)・28日(日)には「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」(東京池袋東口エリアにて開催)と、9月以降もコスプレが楽しめる大イベントは、全で続々開催されます。

    果たしてこれらのイベントでは、どのようなコスプレ人気が集中するのか?こちらの記事で興味を持たれた方は、会場まで足を運び、自身ので直接確かめてみてはいかがでしょう。(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)

    「Fate/Grand Order」のカーミラに扮する いのりさん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.ytimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【どんなコスプレが好き、世界コスプレサミット2018をふり返る】の続きを読む


     人気チャイニーズコスプレイヤー・黎狱(リーユウ)Twitterで19日、人気作品『はたらく細胞』のキャラクター・血小板のコスプレショットを披露し、大きな反響を呼んでいる。



     リーユウは、『血小板「あのね、あのね、トラブルで、工事が遅れてるの~」はたらく細胞」とツイートし、画像を公開した。


    リーユウの“キズナアイコスプレ”が尊い


     これに対してネット上では、「僕の全細胞があなただといいのに」「血小板コスやってる人の中で1番似合ってる」「ぎゃー!!!かわいすぎー!!」などのコメントが多数寄せられている。


     自身が参加したイベント「コミックマーケット94」でも話題を集めたリーユウ。28万人を超えるフォロワーを持ち、日本だけでなく世界中のレイヤーファンから注目されている。


    ※写真はTwitterから

    ※画像はTwitterから


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【血小板コスプレ可愛すぎー「大人気チャイニーズレイヤー・黎狱(リーユウ)」【はたらく細胞】】の続きを読む


     『コミックマーケット94』、『世界コスプレサミット2018』といったビッグイベントが立て続けに行われ、“コスプレ月間”として大いに盛り上がったこの8月。世界中で親しまれているコスプレカルチャーは、普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点が多くのレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで今回、人気レイヤー・MANAさんに普段は何をしているのか? コスプレをする理由など、その知られざる“素顔”を聞いた。

    【写真329枚】将来は“音楽の先生”!? 可愛すぎる“素顔”と美ボディを公開

    ■コスプレは敷居が高いイメージだった「翠星石のコスで人生が変わった」

    ――レイヤーとしての活動以外は何をやっていますか?

    【MANA】教育系の学生をしていて、音楽を学んでいます。

    ――では、将来は学校の先生ですか?

    【MANA】先生になることも視野に入れていましたが、最近はちょっと違う職業もいいかなって迷っています。

    ――そんな中、コスプレをするようになったきっかけを教えてください。

    【MANA】大学1年の頃に興味を持ち始めたんですが、なかなか踏み出す勇気がなくて…。コスプレってお金もかかりそうだし、中途半端なことをするとダメなのかなって。ちょっと敷居が高いイメージはありました。

    ――もともと漫画やアニメは好きだった?

    【MANA】はい、特に『ローゼンメイデン』が好きで、私の人生を変えた作品です。コスプレは去年の12月の冬コミがデビューで、まだ始めたばかりですが、中でも『ローゼンメイデン』の翠星石は一番手応えを感じたコスプレです。

    ――まだ初めて8カ月なんですね。次にやってみたいキャラはありますか?

    【MANA】ちょっとセクシーなキャラに挑戦してみたいです。一度、お姉さんっぽいキャラのエミリア(『Re:ゼロから始める異世界生活』)をやってみたんですが、友人からは“幼少期”のエミリアだねって笑われました。私って童顔なので(笑)。

    ■SNSにはコスプレ技術の“お宝”が眠っている

    ――コスプレをするようになって、自分の中で何か変化はありましたか?

    【MANA】メイクの技術が変わりました。レイヤーとしては写真映えが大事なので、特にアイメイクは変わったと思います。そのテクニックのおかげで、普段のメイクも上達しました。

    ――メイク技術はどうやって勉強するんですか?

    【MANA】私はツイッターを見ることが多いです。今は情報共有がとても早いので、キャラクター名を入れれば、参考になる情報がすぐに出てくるんです。

    ――SNSには情報のお宝が眠っているわけですね。

    【MANA】はい、キャラ名と一緒に「メイク」とか「ヘアアレンジ」というキーワードを入れれば、同じ悩みを持った人の情報が出てきますから。

    ――その他に、コスプレをやって変わったことは何かありますか?

    【MANA】“諦めない心”が生まれました。衣装やウィッグの制作をしていると、心が折れることが多いんです。「もうここまででいっか」とか、「ここまで仕上げれば十分かな…」って。

    ――どこで妥協するかは、自分次第ですもんね。

    【MANA】そうなんです。でも、中途半端に終わると、作品にもキャラクターのファンの方にも失礼だなって思うようになって。だから、コスプレを始めて“妥協に負けない”精神力が芽生えました。
    人気レイヤー・MANAさん/『ローゼンメイデン』翠星石


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【 美女レイヤーその知られざる“素顔”】の続きを読む

    このページのトップヘ

    育毛剤