アニソン天国

アニメ全般(テレビ・漫画・ゲーム・音楽・声優) 新しいものを中心に、イベント情報や懐かしいアニメ、アニメソングなどの情報を提供していきたいと思います。

    カテゴリ:アニメ > 最新アニメ

    2018y06m28d_003309922

    テレビアニメ「オーバーロードIII」の新たなPVが公開された。

    【大きな画像をもっと見る】

    約1分のPVでは、本編の映像の一部が垣間見える。またアニメの公式サイトでは、じゅうあみによるスピンオフ4コマ「不死者のOh!」よりアニメ3期を祝したエピソード「野球回のあるアニメは名作」が、7月25日までの期間限定にて公開。そのほかニコニコ生放送、AbemaTV、GYAO!では「オーバーロード」第1・2期の一挙配信が決定した。ニコニコ生放送、AbemaTVでは、配信前にキャストによるコメント動画も公開。ニコニコ生放送ではアインズ役の日野聡、アルベド役の原由実、AbemaTVではアウラ役の加藤英美里、マーレ役の内山夕実によるコメント動画が配信される。詳細は各配信サイトにて確認しよう。

    テレビアニメ「オーバーロードIII」は、7月10日よりAT-X、TOKYO MX、MBSほかにて放送開始。テレビ愛知、BS11でもオンエアされる。

    テレビアニメ「オーバーロードIII」

    放送情報

    2018年7月10日(火)よりAT-X、TOKYO MX、MBSほか、テレビ愛知、BS11にて順次放送

    スタッフ

    原作:丸山くがね(「オーバーロード」/KADOKAWA刊)
    キャラクター原案:so-bin
    監督:伊藤尚往
    シリーズ構成・脚本:菅原雪絵
    キャラクターデザイン:田崎聡、吉松孝博
    アニメーション制作:マッドハウス

    キャスト

    アインズ:日野聡
    アルベド:原由実
    シャルティア:上坂すみれ
    アウラ:加藤英美里
    マーレ:内山夕実
    デミウルゴス:加藤将之
    コキュートス:三宅健太
    セバス:千葉繁
    ヴィクティム:東山奈央
    ユリ:五十嵐裕美
    ルプスレギナ:小松未可子
    ナーベラル:沼倉愛美
    シズ:瀬戸麻沙美
    ソリュシャン:佐倉綾音
    エントマ:真堂圭
    ザリュース:東地宏樹
    シャースーリュー:楠見尚己
    クルシュ:雨宮天
    ゼンベル:石井康嗣
    ラナー:安野希世乃
    クライム:逢坂良太
    ガゼフ:白熊寛嗣
    ブレイン:遊佐浩二
    ラキュース:小清水亜美
    ガガーラン:斉藤貴美子
    イビルアイ:花守ゆみり
    ティア:石上静香
    ティナ:富田美憂
    ツアレ:嶋村侑
    ほか

    (c)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会 (c)Kugane Maruyama,PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION/OVERLORD3 PARTNERS

    じゅうあみによるスピンオフ4コマ「不死者のOh!」のエピソード「野球回のあるアニメは名作」より。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「オーバーロードIII」次は何を見せてくれるのか】の続きを読む


    7月1日よりTOKYO MX1他で放送がスタートする、TVアニメ『バキ』の、“地上最強の生物”範馬勇次郎役のキャストが発表となった。

    刃牙の父・勇次郎を演じるのは、数多くの洋画吹替やアニメ、舞台で幅広く活躍する大塚明夫。本作の出演に向けて、大塚は「楽しみにして下されば下さるほどプレッシャーが増大します。そのプレッシャーをそのまま吸い込んでチカラにしたいです。」とコメントを寄せた。放送をぜひチェックして欲しい。

    大塚明夫

    大塚明夫

    (C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【TVアニメ『バキ』、キャストが決まった。“地上最強の生物”範馬勇次郎役に大塚明夫】の続きを読む

    no title

    話題作が目白押し!オリジナルアニメまとめ【2018年夏アニメ】



    【気になるオリジナル夏アニメ】の続きを読む



    アキバ総研調べによると、2018年夏の新作アニメの本数は47本。今回はコミック原作の話題作5本をピックアップしました。
    大ヒット作のスピンオフ「中間管理録トネガワ」、「COMICメテオ」の同居コメディ「邪神ちゃんドロップキック」、「ComicWalker」連載の時代アクション「アンゴルモア元寇合戦記」、「月刊少年シリウス」の擬人化マンガ「はたらく細胞」、「ヤングアニマル」の女子中学生コメディ「あそびあそばせ」をご紹介!


    【大きな画像をもっと見る】

    中間管理録トネガワ

    福本伸行のギャンブルマンガ「賭博黙示録カイジ」のスピンオフがついにアニメ化。主人公は帝愛グループ幹部・利根川幸雄。オリジナル版ではカイジら債務者をクズ呼ばわりして説教をかまし、大物のオーラをまとっていたが、本作では上司と部下に翻弄される小市民としての苦悩が描かれている。兵藤会長のワガママに付き合わされたり、部下の黒服たちの見分けがつかなくて悩んだりする姿に、思わず感情移入してしまう。
    制作は「カイジ」のアニメを手がけたマッドハウスが続投。キャラクターの輪郭線を強調したデザインはそのままで、アニメからのファンも違和感なく楽しめそうだ。利根川役は森川智之が担当。声優事務所の社長も務める森川が中間管理職の悲哀をどう演じるのだろうか。カイジ役の萩原聖人もキャスティングされており、その出演シーンも気になるところ。



    邪神ちゃんドロップキック

    下半身はヘビ、上半身はギャルという魔界の悪魔・邪神ちゃんが、ちょっぴりブラックな女子大生・花園ゆりねに召喚されて、ひとつ屋根の下で暮らす同居コメディ。召喚者が死ねば魔界に帰れるため、邪神ちゃんは殺人ドロップキックでゆりねを亡き者にしようとするものの、毎度のように返り討ちにあってしまう……。
    ゆりねのお仕置きは、大鉈で尻尾をぶった切りにしたり、チェーンソーで全身をミンチにしたりと、かなり過激。PVでは召喚シーンが正統派ファンタジーと見まごう重厚なタッチで描かれており、2人のバトルも見どころになりそうだ。キャストが本物のドロップキックを研究するために女子プロ観戦するなど、異色のプロモーションも話題に。キュートとバイオレンスが同居した今夏の注目作!



    アンゴルモア 元寇合戦記

    罪人として対馬に送られた鎌倉武士・朽井迅三郎(くちいじんざぶろう)が、モンゴル帝国の対馬来攻に立ち向かう歴史大河ロマン。戦国ではなく鎌倉時代を舞台とした歴史アニメは珍しく、1274年に起こった文永の役を史実に踏まえて描いている。当時の武士が着用していた深紅の大鎧や、馬上で弓を射る騎射などがていねいに表現された。和紙を乗せたような効果がかかった画面も特徴的で、歴史ものの雰囲気を盛り上げていく。
    原作では流血を交えた合戦が披露されており、戦の恐ろしさを痛感させられる場面も多い。テレビアニメでどこまで描けるのか期待したい。放送に先駆けて、舞台の地である対馬では先行上映会を開催。自然豊かな対馬の動植物や風景も堪能できそうだ。



    はたらく細胞

    世の中のありとあらゆるものが擬人化されてきたが、本作では人間の体内細胞がキャラクターに変身。人間の体内は街になっており、体中に酸素を運ぶ赤血球をはじめ、バラエティ豊かな細胞たちの日常を垣間見ることができる。とくに細菌を倒す白血球は、髪や服装にいたるまで全身真っ白でインパクト抜群。そんな彼が「この雑菌野郎!!」と細菌をダガーナイフで駆除し、相手の血(?)で体を真っ赤に染める姿は、バトルアニメの雰囲気すら漂っている。
    もちろん医療アニメとしての要素もあり、キラーT細胞やマクロファージなど、聞いたことはあるがよく知らない細胞たちの機能も学習可能だ。キャストは赤血球役に花澤香菜、白血球役に前野智昭と実力派が集結。2017年に制作されたスペシャルアニメを見ておけば、作品をより楽しめるだろう。



    あそびあそばせ

    遊び人研究会を結成した女子中学生3人が織りなすガールズコメディ。原作は繊細かつ可憐な絵柄が魅力的だが、本編はそこから想像ができないほどシュール。突然リアルタッチな絵に変わったり、はたまた極端なデフォルメが施されたりと、波乱の展開に。百面相の顔芸がアニメでも繰り出されることになる。
    監督は「天体戦士サンレッド」や「月がきれい」の岸誠二が担当。本作でも声優の芝居を先に収録するプレスコ方式を採用しており、息の合ったかけ合いが見られそうだ。メインキャストの木野日菜、長江里加、小原好美はオープニング・エンディングの主題歌も務め、歌声でも作品を表現する。



    (文/高橋克則)

    (C) 福本伸行・萩原天晴・三好智樹・橋本智広/講談社・帝愛グループ 広報部
    (C) ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会
    (C) 2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/アンゴルモア元寇合戦記製作委員会
    (C) 清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
    (C) 涼川りん・白泉社/「あそびあそばせ」製作委員会


    >> アニメライターが選ぶ、2018年夏アニメ注目の5作品を紹介!【アニメコラム】 の元記事はこちら
    アニメライターが選ぶ、2018年夏アニメ注目の5作品を紹介!【アニメコラム】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アニメライター厳選 2018年夏アニメ注目の5作品を紹介!】の続きを読む


    弓道に青春をかける高校生たちの絆を描く京都アニメーションの新作テレビアニメ「ツルネ -風舞高校弓道部-」のメインキャストが発表された。

    同作は、高校弓道をテーマとした綾野ことこ氏によるKAエスマ文庫から刊行中の同名ライトノベルのテレビアニメ化。自身のとあることが原因で、中学最後の弓道部の試合で負けてしまった湊は弓道から遠ざかっていた。しかし、凄腕の射手・滝川雅貴と知り合ったことをきっかけに、再び弓道と向き合い、風舞高校弓道部へ入部。湊は幼なじみの静弥と遼平、そして弓道部で出会った海斗と七緒とともに、絆を深めながら県大会優勝を目指す。

    幼い頃に母と見た試合に魅せられ、弓道をはじめた主人公・鳴宮湊役を「文豪ストレイドッグス」の上村祐翔が演じる。このほか、湊の親友で、風舞高校弓道部の部長・竹早静弥役には「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の市川蒼、湊と静弥の幼なじみ・山之内遼平役には「奴隷区 The Animation」の鈴木崚汰、根は弓道が大好きなため、湊と衝突する小野木海斗役には「七つの大罪 戒めの復活」の矢野奨吾、海斗のいとこで生まれながらの王子様基質な如月七緒役には「魔法少女 俺」の石川界人が配役された。あわせて、湊らメインキャラクター5人を描いたティザーPV、キービジュアルが公開されている。

    あわせてメインスタッフも発表され、「Free!」シリーズで演出を手がけた山村卓也が監督を務めるほか、シリーズ構成を「からかい上手の高木さん」の横手美智子、キャラクターデザインを「小林さんちのメイドラゴン」の門脇未来、音楽を「ピアノの森」の富貴晴美が担当することが明らかになった。

    「ツルネ -風舞高校弓道部-」は、10月からNHK総合テレビでスタート。

    (C)綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【京アニ制作、青春弓道アニメ「ツルネ」乞うご期待】の続きを読む

    このページのトップヘ

    育毛剤