アニソン天国

アニメ全般(テレビ・漫画・ゲーム・音楽・声優) 新しいものを中心に、イベント情報や懐かしいアニメ、アニメソングなどの情報を提供していきたいと思います。

    カテゴリ: アニメ


    いよいよ6月27日(水)に受注が締め切られる、「機動戦士ガンダム00」10周年を記念した版権イラスト&設定資料集『VEDA~MOBILE SUIT GUNDAM 00“Ultimate”ART WORKS&ILLUSTRATIONS』。今回は、同作のアニメーションキャラクターデザイン・作監督を務めた千葉道徳さんからコメントが到着しました! 高河ゆんさんのキャラクター原案を活かしたアニメーションデザインについて、当時の作業や印象的なイラストを振り返ったコメントは必見です。

    「機動戦士ガンダム00」イラスト画集&設定資料本『VEDA』は6月27日(水)に受注締め切り

    ――監督やスタッフと決めた、版権イラストの方針

    千葉:版権イラストは一枚の絵で見せるものなので、アニメ本編より(表情や衣装を)細かくやっていたり、発注に合わせてアレンジしたようなイラストが多かったりしますね。特に『アニメディア』でのイラストでは、指定されている衣装や小物を設定として起こしていない場合も多かったので、そういった場合は設定を新たに起こしたり、(設定がなくても)描ける人が作画を担当しています。

    ――「00」で行えた様々なチャレンジ

    千葉:Blu-ray/DVDなどオフィシャルのパッケージに関しては、監督やデザイナーさんのプランがあった上で、中谷(誠一)さんと私とでレイアウトを交互に切り合いながら進めました。こういうパッケージ関係の表紙で意識していたのは、緊張感ですね。劇場版のキービジュアルでは、イラストレーターのHIRONOXさんにペイントしてもらっていて。こういうことができるんだなと感動した覚えがありますね。

    ――一度描いたら、発注がやってきた筆絵

    千葉:筆を使ったイラストは、『ニュータイプ』の読者プレゼント用に描いたものが最初だったと思います。そのときはササッと描いたのですが、それから「ああいうテイストでお願いします」という発注が来るようになりました。もともとはラクガキに近い感じでしたし、筆絵の専門家でもないのですが、発注をいただけるのはありがたいことでしたね。

    ――マリナは描くのが大変だった

    千葉:描くのが難しかったのは、マリナ(・イスマイール)ですかね。加減が難しいんですよ。版権イラストなので雰囲気を出そうとすると、髪の毛をなびかせているようなシチュエーションで描かないといけない。最近、自分で久々に当時の原画を見たのですが、「細かく描いてるなぁ」とびっくりしました。本編もやりながらどうやってこれを描いていたのだろうかと思いを馳せました(笑)。

    ――ムービックのカレンダーで意識した「季節感」

    千葉:劇場版が製作された年(2010年)に描き起こしたムービックのカレンダーは、何月にこのキャラクターで、という発注はあって、それ以外のシチュエーションはこちらで組み立てたり、発注側のスタッフが組み立てたりという感じでした。カレンダーでは、小ネタをどう入れているか、というチャレンジができます。例えば、「00」はあまり季節感のない作品ではあったので、こういうポスターやカレンダーでそれを表現したりできたかなと思います。

    ――10周年記念映像で行った作監修正

    千葉:10周年イベント(『ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”』)の映像では、原画修正を担当しました。久々に「00」のキャラクターと向き合ってみて思ったのは、髪の毛が多くて大変ということ(笑)。ニールもかなり久々に描きましたが、彼の髪の毛にもうっすらウェーブがかかっているんですよ。それは高河さんの原案からそういう特徴があって。目の部分とかも、高河さんの特徴的な表現は意識しましたね。

    ――作為的に見せないバランスを探っていった

    千葉:あまり作為的なものにするのは避けようとしていました。かといって作為が完全にないと不自然になってしまうので、そのバランスがイラストを描く上でも難しいところでした。同時期に「コードギアス」シリーズにも参加していたのですが、「コードギアス」は版権イラストでもヒロイックなポーズが多い一方で、「00」は作品のテイストを保つため、派手なポーズはあえてやらないようにしていました。シルエットで見せる方向性が多かったですね。例えばファーストシーズンのサントラのジャケットも、水島監督の提案で、刹那とエクシアがポーズを付けず、スッと立っている絵になっています。

     セカンドシーズンでは、なるべくヒロイックに見せていこうということで、少しポーズも派手になっていきましたね。あとは、カメラ目線の発注が多かったので、あえて目線を外した絵にしませんかと提案したこともありました。カメラ目線にしてしまうと、構図やシチュエーションが固定されてしまうんです。目線を外すことで、そのキャラクターの考えや感情が読み取れたりする。「00」では、そういう提案をスタッフの方々がきちんと受け止めてくれて、こちらの提案通りやらせてもらえることが多かった記憶ですね。

    ――「00」での仕事を振り返って

    千葉:いろいろ時の運というのがあるじゃないですか。スタッフィングも含めて。こういう作品をやりたい、といって誰もができるものではないんですよ。それがタイミングよくやれたのが「00」で、これからもそういうタイミングが合えば続いていくんだと思います。「00」は一度完結していて、“終わり”という言葉が僕は好きなので、いい感じに終わったなという気持ちは今でもありますね。

    「00」への深い愛を感じさせる千葉さんの言葉の数々。そんな千葉さんのイラストが大量に掲載される「VEDA」が、間もなく締切です。お買い逃しなく!(WebNewtype)

    「機動戦士ガンダム00」イラスト画集&設定資料本『VEDA』は6月27日(水)に受注締め切り


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【締切間近!「機動戦士ガンダム00」イラスト画集&設定資料本 当時の作業を振り返ったコメントは必見】の続きを読む


    大今良時原作による「映画『聲の形』」が、8月25日にNHK Eテレにて放送される。

    【大きな画像をもっと見る】

    2016年に公開された「映画『聲の形』」は、高校生の石田将也が、小学生のときにわかり合えず傷つけてしまった西宮硝子と再会し、交流を経て変化していく物語。京都アニメーションが制作し、監督は山田尚子が務めた。石田将也役は入野自由、西宮硝子役は早見沙織が演じている。また第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞などを受賞。同作が地上波で放送されるのは初となる。

    「映画『聲の形』」放送情報

    日時:2018年8月25日(土)21:00~(予定)
    放送局:NHK Eテレ

    「映画『聲の形』」メインビジュアル (c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大今良時原作による「映画『聲の形』」8月にNHK Eテレで地上波初放送】の続きを読む


    「ダンまち」の愛称で人気のアニメを映画化する「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢」が2019年に公開されることになり、劇場版の新キャラクターが登場する最新ビジュアルとプロモーションビデオ(https://youtu.be/N4alTaQ4TK4)が公開された。ビジュアルは、満天の星空を背景にベル・クラネル(CV:松岡禎丞)とヘスティア(CV:水瀬いのり)、そして新キャラクターを描いたもので、PVではベルとヘスティアによるナレーションを聴くことができる。

    原作は大森藤ノ氏の小説(SBクリエイティブ刊)で、シリーズ累計900万部を超える人気作品。広大な地下迷宮「ダンジョン」を中心に栄える巨大都市・オラリオを舞台に、駆け出し冒険者のベルと、彼が崇敬する女神のヘスティアを中心とした「ファミリア」の冒険を描く。アニメ版はテレビシリーズ第1期が2015年、スピンオフ作品「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝」が17年に放送され、第2期の制作も決定している。劇場版では、大森氏が書き下ろした脚本による完全オリジナルストーリーが展開される。

    同作のスタッフも発表された。監督として、テレビアニメ「アリスと蔵六」「ふらいんぐうぃっち」の桜美かつしが新たに参加。キャラクターデザインの木本茂樹、音楽の井内啓二、アニメーション制作のJ.C.STAFFはテレビシリーズから続投する。そのほか、リリルカ・アーデ役の内田真礼、ヴェルフ・クロッゾ役の細谷佳正、ヘルメス役の斉藤壮馬らメインキャストも、引き続き参加が決定している。

    2019年公開決定& 新キービジュアル完成


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【2019年ついに公開決定 劇場版「ダンまち」テレビシリーズ第2期も楽しみだ】の続きを読む


    現在、アキバ総研では、公式投票企画「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」を開催している。
    来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票

    【大きな画像をもっと見る】

    まもなく始まる2018夏アニメ。その中からみなさんが期待している作品を決めようという今回の投票企画。投票開始から10日が経過した、6月22日(木)13:00時点のトップ10をお伝えしよう。

    1位 邪神ちゃんドロップキック 5093票
    2位 進撃の巨人 Season 3 2890票
    3位 BANANA FISH 624票
    4位 ゆらぎ荘の幽奈さん 603票
    5位 アンゴルモア 元寇合戦記 451票
    6位 中間管理録トネガワ 437票
    7位 オーバーロードIII 407票
    8位 あそびあそばせ 392票
    9位 少女☆歌劇 レヴュースタァライト 370票
    10位 ISLAND(アイランド) 330票

    その途中経過を見てみると、トップを爆走するのが「邪神ちゃんドロップキック」だ。ユキヲさんがWEBコミックサイト【COMIC メテオ】にて連載中の人気コミックで、「~ですの」口調の邪神ちゃんがとにかくかわいい作品。そんな邪神ちゃんに魅了されている方が多くいるのだろう。気合いの入ったPV第1弾が公開されているが、本作を知らない方は「OP『あの娘にドロップキック』」もあわせてチェックしておこう。


    2位には、原作コミックが累計6800万部を突破した大人気作品の続編モノ「進撃の巨人 Season 3」が続く。人間同士の争いも予感させるPVには、激しいバトルシーンが描かれており、その作画クオリティも高く、期待がふくらむ内容となっている。


    3位の「BANANA FISH」は、「海街diary」など数々のヒット作を生み出している漫画家・吉田秋生さん原作によるアニメで、2人の少年が“バナナフィッシュ”の謎に迫っていくうちにマフィアなどの陰謀に巻き込まれていくというストーリー。原作マンガは1980~90年代に連載。アラサー・アラフォーのマンガ好き世代に直撃している方も多くいるはずだ。


    4位は「ゆらぎ荘の幽奈さん」で、元温泉旅館の格安下宿を舞台に、貧乏主人公と幽霊少女を中心に、個性豊かなゆらぎ荘の同居人(主に女子)たちが描かれるちょっとHな王道ラブコメ。先日公開された第2弾PVは、肌色率多めで、ラッキースケベも期待できそうな内容だ。


    5位の「アンゴルモア 元寇合戦記」は、中世日本を揺るがす大事件「元寇」を斬新な視点で描く本格歴史大河ロマン。壮大なBGMに激しい乱戦シーンと、その迫力ある映像は必見。


    そして6位以下には「中間管理録トネガワ」「オーバーロードIII」「あそびあそばせ」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「ISLAND(アイランド)」が並ぶ。いずれも僅差で最後までどうなるかわからない展開を見せている。

    TOP3は、「邪神ちゃんドロップキック」の独走状態だが、2位の「進撃の巨人 Season 3」の大逆転も十分考えられる。3位の「BANANA FISH」についても原作の人気を考えればまだまだ伸びそうで、今後の展開にも目が離せそうにない。

    今回の投票企画の締め切りは6月27日(水)。まだ票を投じていない方は、お早めに。
    来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票
    >> 進撃の巨人が2位で、1位はあの作品! 「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」中間発表 の元記事はこちら
    進撃の巨人が2位で、1位はあの作品! 「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」中間発表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【観たい2018夏アニメ人気投票 中間発表 邪神ちゃんドロップキックがダントツの1位】の続きを読む


    6月17日(日)は「父の日」。

    【大きい画像を見る】「カードキャプターさくら」(C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK


    アメリカのドット夫人が、母の日にならって、父の墓前に白いバラを供えたことが由来であり、毎年6月の第3日曜に制定されています。

    アニメにも数多くのお父さんが登場します。主人公を導く理想の大人であったり、ぐーたらなダメ人間であったりと、性格はさまざま。本当の父親だったり、実は血が繋がっていなかったりと、描かれ方も多種多様で、ストーリーを盛り上げています。

    そこでアニメ!アニメ!では、「理想のお父さんキャラは?」と題した読者アンケートを実施しました。6月4日(月)から6月11日(月)までのアンケート期間中に116人から回答を得ました。
    男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約53パーセント、20代が約35パーセントと若年層が中心でした。

    ■トップは野原ひろし 家族を支える姿に共感の声
    1位は『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし。支持率は約16パーセント。しんのすけの父・ひろしが、2位にダブルスコアの大差でトップに輝きました。


    ファンからは「家族がピンチの時は必死に駆けつける野原家の大黒柱なところが好きです!」や「どんな問題に直面してもしっかり家族のことを考える父親らしい姿勢に惹かれる」といったコメントが寄せられています。テレビではグータラなことが多いひろしですが、劇場版で見せる男らしい姿が支持を集めたようです。

    2位は『名探偵コナン』の工藤優作。支持率は6パーセントでした。優作は江戸川コナンこと工藤新一の父親で、職業は推理小説家。高校生名探偵である新一を凌ぐ推理力を誇ります。


    妻の有希子とともにアメリカに在住しているため、レギュラー出演ではありませんが、印象に残っているファンが多いようです。「コナンに助言をして事件解決の手助けをしているから」と、影ながら息子を支える姿が好印象なようです。なお同率6位には毛利蘭の父親・毛利小五郎もランクインしています。

    3位は『銀魂』の星海坊主、『カードキャプターさくら』の木之本藤隆、『夏目友人帳』の藤原滋が同票でランクイン。支持率は約5パーセントでした。
    今回のアンケートは放送開始から10年以上が経過した人気作の強さが目立っています。上位の作品では『クレヨンしんちゃん』が1992年、『名探偵コナン』が1996年、『カードキャプターさくら』が1998年、『銀魂』が2006年、そして『夏目友人帳』が2008年にアニメ化されました。


    また同率9位には『銀魂』の坂田銀時、同率11位には『ハイキュー!!』の澤村大地と、父親ではないキャラクターもランクインしました。銀時には「毎日笑わせてくれそうだから」や「どんな時でも守ってくれそうだから」、大地には「時に厳しく、時に優しくチームをまとめている所がお父さんっぽい」といった投票理由が寄せられています。
    キャラクターが成長したらどんな父親になるのか、想像してみるのも面白い結果となりました。

    ■ランキングトップ10
    [理想のお父さんキャラは?]
    1位 野原ひろし 『クレヨンしんちゃん』
    2位 工藤優作 『名探偵コナン』
    3位 星海坊主(神晃) 『銀魂』
    3位 木之本藤隆 『カードキャプターさくら』
    3位 藤原滋 『夏目友人帳』
    6位 波風ミナト 『NARUTO -ナルト-』
    6位 古河秋生 『CLANNAD』
    6位 毛利小五郎 『名探偵コナン』
    9位 香風タカヒロ 『ご注文はうさぎですか?』
    9位 坂田銀時 『銀魂』

    (回答期間:2018年6月4日(月)~6月11日(月))

    次ページ:ランキング20位まで公開

    ■ランキングトップ20
    [理想のお父さんキャラは?]
    1位 野原ひろし 『クレヨンしんちゃん』
    2位 工藤優作 『名探偵コナン』
    3位 星海坊主(神晃) 『銀魂』
    3位 木之本藤隆 『カードキャプターさくら』
    3位 藤原滋 『夏目友人帳』
    6位 波風ミナト 『NARUTO -ナルト-』
    6位 古河秋生 『CLANNAD』
    6位 毛利小五郎 『名探偵コナン』
    9位 香風タカヒロ 『ご注文はうさぎですか?』
    9位 坂田銀時 『銀魂』
    11位 うずまきナルト 『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
    11位 澤村大地 『ハイキュー!!』
    11位 マース・ヒューズ 『鋼の錬金術師』
    14位 キリト(桐ヶ谷和人) 『ソードアート・オンライン』
    14位 藤本獅郎 『青の祓魔師』
    14位 征陸智己 『PSYCHO-PASS サイコパス』
    14位 幸平城一郎 『食戟のソーマ』
    14位 ロイ・レヴァント 『SoltyRei』

    (回答期間:2018年6月4日(月)~6月11日(月))【ほかの画像を見る】「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【野原ひろしが1位を獲得 何だかんだでいいお父さん】の続きを読む

    このページのトップヘ

    育毛剤