デザイングラフィックの総合情報刊『MdN』(エムディエヌコーポレーション)の10月号(9月6日発売)に「線にいのちが宿る奇跡プロセス アニメ作画」の特集が掲載されます。線と色によってかたちづくられる絵。その絵がいかにアニメーションとなって動き、視聴者を魅了するか。その過程を、現役アニメーターたちがつまびらかにしていきます。

【画像】伝説の作画回

 「作画」という言葉も一般的になっています。しかし、アニメ作品が出来上がるまでに、具体的にどのような過程を経て作画完成させていくか、そこまでは知らない人がほとんどではないでしょうか。そこで、現在第一線で活躍しているアニメーターたちのりを通して、これまで言化するのが難しかったアニメ作画のさまざまな魅を明かしていくのが今回の特集です。

 「日常芝居」を江畑諒真氏は、「天体のメソッド」「Dimension W」などに参加。もがにする日常の所作だけに、いいかげんな作画は許されないという氏のこだわりが垣間見えます。

 「アクション」を温泉中也氏は、「Fate/Apocrypha」「グランクレスト戦記」などに参加。絵コンテからいかにアクションシーンを再構築するか、そして、客観視点主観視点の切り替えによって視聴者の感情移入を高める技法もります。

 「少女の仕」をるちな氏は、「ヤマノススメ サードシーズン」などに参加。テンプレートにのっとった少女らしさを踏まえつつ、細かななしぐさやキャラクター性を大切にする芝居も重要。

 「メタモルフォーゼ」を大島也氏は、「龍の歯医者」などに参加。定まったフォルムを持たない不定形キャラ作画は、アニメ醍醐味のひとつ。カッコいいメタモルシーンを描くポイントります。

 「インパクト」を五十嵐氏は、「リトルウィッチアカデミア」などに参加。視聴者をハッとさせるインパクトは、作品の大事な要素。インパクトある作画制作の根は「インパクト……それは空気を読むが欠けているということかもしれません(笑)」とは五十嵐氏の弁。

 そして、「伝説作画回が生まれた理由」と題して、諭氏へのインタビュー記事も。「伝説」とは、2017年12月に放送された「Fate/Apocrypha」の第22話「再会と別離」のこと。氏はこの回において、絵コンテ・演出をはじめ、さまざまなセクションを兼任しキーマンとなりました。その氏が、22話の制作経緯をります。

 キャラクターたちによる手なアクション、あるいは心情をさりげなくあらわす繊細な演出、さらには迫あるエフェクト表現など、アニメならではの映像の魅。これらを創り出す人々は、どんなこだわりを持ち、その内にどんな絵が見えているのでしょうか。

 こうした、いわばの技法的な内容は、アニメ制作興味のある人はもちろん、クリエティブ系に関わる多くの人たちにとっても、関心が持たれるところです。

『MdN』10月号表紙 「Fate/Apocrypha」第22話より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「金田伊功氏とその仲間たち」の事かと思ったら違ってた。


伝説の5秒の話はないか


ヤシガニ以上に伝説になった作画ってあるのか?


トランスフォーマーザムービーで有り余るほどの云十億円の予算がありながら何故作画ミスが発生したのか特集してくれ


MdN 学生時代お世話になりました


キャベツ・・・


アニメで伝説というとYF-21がゴーストのミサイルを回避するシーンが真っ先に思い浮かぶ


22話は本当によかった。本当に。マジで。TVアニメであれが観れたのは奇跡。


予算があるNHKアニメは毎回凄いぞ。


22話の作画見てきたけどそんないいかな?激しい感じは伝わってきたけどそこまでな気しない感じした個人的に


伝説の作画といえばマクロスプラスの伝説の五秒でしょ。一カットであの回避機動はまさに伝説


GUN道かな?