CLAMPによる人気少女マンガカードキャプターさくら」の世界観を体感できる展覧会「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」のメインビジュアル開された。CLAMPがこの展覧会のために描き下ろした1枚だ。

 六本木ヒルタワーにあるアーツセンターギャラリーにて10月26日より開催される「カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」。ここでしか見ることのできない重な原画など、さまざまな展示を通して「カードキャプターさくら」の世界を味わうことができるものになるという。

 展覧会のメインビジュアルは、CLAMPが描きおろしたもの。主人公少女木之本桜が繊細な色彩で描かれており、ちりばめられたびらが「カードキャプターさくら」のやさしい世界観を表現している。

 「カードキャプターさくら」は1996年から2000年にかけて少女マンガ誌「なかよし」(講談社刊)にて連載された創作集団「CLAMP」の作品。1998年から2000年に放送されたアニメ人気を集めた。連載開始20周年となる2016年には新連載「カードキャプターさくら クリアカード編」がスタートし、こちらもアニメ化された。(編集部・小山美咲

カードキャプターさくら展 -魔法にかけられた美術館-」はアーツセンターギャラリー六本木ヒルタワー52階)にて2018年10月26日2019年1月3日開催
9月29日よりローソンチケットほか各種プレイガイドにて前売り券発売(一般・大学生/1,800円 中学生高校生/1,400円 4歳~小学生900円 ※各税込み)

桜がいっぱい!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>