体内細胞を擬人化したTVアニメ「はたらく細胞」の第7話「がん細胞」が18日から順次放送されている。放送を見た癌研究者の大須賀覚氏は、Twitterで「がん細胞」の内容について解説。「とても正確な内容だったと思います」と称賛している。

この記事の動画を見る

第7話「がん細胞」は、一般細胞に化けていたがん細胞が正体を表し、白血球(好中球)やキラーT細胞、NK細胞たち免疫細胞と戦う回。がん細胞がどのように発生・増殖するのか、どのような体の働きで排除できているのかを、がん細胞側の心情も描写するなどわかりやすく描いている。米エモリー大学ウィンシップ癌研究所に所属している大須賀氏は、この「がん細胞」回についてTwitterで言及。「がんの初期発生を免疫細胞がいかに防いでいるか」について、「癌研究者目線でも、とても正確な内容だったと思います」と称賛した。


アニメ内で赤血球が大量の栄養をがん細胞に届ける描写があったことについて、大須賀氏は「癌細胞は体の栄養を大量に消費します。何もしていないのに急激に5〜10kgも体重減少したときには、医師は癌を疑って精密検査を行ったりします」と解説。高齢者にがんが多いことについては、「正常細胞にコピーミスが起こり癌細胞ができる頻度が大幅に上昇することと、あそこに登場していたたくさんの免疫細胞の能力が大きく落ちてしまい、癌細胞を発見して排除することができなくなるために起こると考えられています」と説明している。


大須賀氏は、「表面だけ知ろうとせずに、詳しいメカニズムに目を向けることは大事で、それは医療情報デマに騙されることも減らせるし、医師患者間のコミュニケーションレベルも上げられる」として、わかりやすく学べる「はたらく細胞」の視聴を勧めている。



『はたらく細胞』公式Twitterより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

…まあ、好中球が癌細胞を駆除する場面は正しいかどうか知らんが…まあ、アニメで、主人公枠だしな。少なくとも偏見はないという事だろう。…まあ、一応医者の監督がある作品だからな。


これ白血病とかどーすんだろ?白血球がガン化するんだけど。フィラデルフィア染色体とかも説明したりすんのかな?


ガチ勢も満足な癌回


正直な話し血小板ちゃんがいなかったらスルーしていた


こういった作品がたくさん増えるといいですね。


アニメから入ったけど原作コミックもお薦め、免疫機能や色んな病気や怪我に花粉症などなど凄く分かりやすかった。それにしても外の人って色んな病気や怪我し過ぎやろ


ニコニコプンプン丸 今回出てますよホッペぷにぷにされて天使


途中から何気に見たら勉強的にも面白かった


アレルギー持ちにとってはスギ花粉回が神回


一応、分かれば全部攻撃するんだろうけど、好中球はわかりやすい細菌を、キラーはウイルスに侵された自己細胞を、NKはあまり変わらない変異のがん細胞とだんだん区別が難しくなっている。きちんと行動をかき分けてるのがすごい。


「はたらく細胞」のタイトルで「働いたらヤバイ細胞」を出すときは神回ってはっきりわかんだね、いろんな対比や隠れたテーマがわかる、これを気に全巻買おうかな


白血病は、白血球そのものが癌化してるのか、血球産生幹細胞が癌化してるのかわからん。白血球そのものも増える機能があるようだから癌化するのかな?


癌ガチ勢というワードでちょっと笑った


手塚治虫大先生が生きていたら、この作品のコメント聞きたいよ。


>…まあ、好中球が癌細胞を駆除する場面は正しいかどうか知らんが…まあ、アニメで、主人公枠だしな。少なくとも偏見はないという事だろう。…まあ、一応医者の監督がある作品だからな。 まあまあ言いすぎだろ


毎週見てるわこれ 強いていうならNK細胞の武器は射出するランスかデカイ注射みたいなのが良かったなパーフォリン的に


このアニメを見ると、無性にサガ2をやりたくなる


笑顔になると、がん細胞を倒すNK細胞が活性化する。これは覚えた。


連載時点で言ってあげて


第一話から登場して、今まで人畜無害な一般細胞のフリして周りに溶け込んでたのがすごい伏線。そうやって「まぁ別に気にすることないか」って生活してるといつの間にかガンを患うことになるんだろうな、気をつけないと。