藤田和日郎氏の漫画をテレビアニメ化する「からくりサーカス」が、10月からTOKYO MXほかで放送されることが決定し、メインキャストとメインスタッフも明らかになった。

同作は、「うしおととら」で知られる藤田氏が「週刊少年サンデー」で1997~2006年に連載したバトルアクション漫画。小学5年生の才賀勝は、大手家電メーカーの社長である父の事故死により莫大な遺産を相続し、異母兄弟から命を狙われる。逃亡するなかで、拳法家の加藤鳴海、懸糸傀儡(マリオネット)の「あるるかん」を操る銀髪の少女・しろがねと出会った勝は、数奇な運命に巻き込まれていく。

主人公の才賀勝役は、2500人を超える公募オーディションを経て、クレイジーボックス所属の新人・植田千尋に決定。加藤鳴海役を小山力也、才賀しろがね役を林原めぐみ、阿紫花英良役を櫻井孝宏、ギイ・クリストフ・レッシュ役を佐々木望が演じる。スタッフは、アニメ「うしおととら」と同様に、監督を西村聡、シリーズ構成を井上敏樹と原作者の藤田氏が手がけ、キャラクターデザインを「オーバーロード」の吉松孝博、音楽を「僕のヒーローアカデミア」の林ゆうきが担当する。公式サイトにて、キャスト・スタッフ陣のコメントが公開中。

あわせて、第1弾のキービジュアルとPVも披露。PVでは、「あるるかん」を操るしろがね、中国拳法で立ち向かう鳴海のアクションが描かれている。

(C) 藤田和日郎・小学館/ツインエンジン


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>