バドミントンをテーマにしたテレビアニメ「はねバド!」のプロモーションビデオ第2弾が公開された(https://youtu.be/njaPemKHPus)。主人公の羽咲綾乃(CV:大和田仁美)や荒垣なぎさ(CV:島袋美由利)に加え、コニー・クリステンセン(CV:伊瀬茉莉也)や芹ヶ谷薫子(CV:下田麻美)といったライバル校の選手たちが続々と登場する内容で、各キャラクターの印象的なセリフが聞けるほか、迫力の試合シーンも収録されている。

原作は、「good!アフタヌーン」(講談社刊)で連載中の濱田浩輔氏による人気漫画。抜群の運動神経を持ちつつも、ある理由からバドミントンを避けていた綾乃と、日本一を目指す県立北小町高校バドミントン部主将のなぎさを中心とした部員たちの青春を描く。

PV内では、YURiKAが歌うオープニング主題歌「ふたりの羽根」と、大原ゆい子のエンディング主題歌「ハイステッパー」も初公開。「ふたりの羽根」は、「いきものがかり」の水野良樹が提供した楽曲で、水野は「YURiKAさんの歌声は、突き抜けるような明るさや強さもあるのですが、その一方でとてもしなやかで、まさにバドミントンという競技の躍動感にもぴったりだと思います。作詞、編曲はヤマモトショウさんが手がけてくださいました。ぜひ、作品とともにこの歌も愛していただけたらうれしいです」と同楽曲をアピールしている。

主題歌CDは8月15日に同時発売。いずれもアニメ盤とアーティスト盤の2種がリリースされ、「ふたりの羽根」が各1300円、「ハイステッパー」が各1500円(いずれも税抜き)。どちらもTOHO animation STORE、アニメイトほかの対象店舗で店舗別購入特典が配布されるほか、発売記念イベントの開催も決定している。詳細は、YURiKAと大原の公式サイトで公開中。

「はねバド!」は7月1日からTOKYO MXほかで放送開始。

PV第2弾が公開された「はねバド!」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>