アニソン天国

アニメ全般(テレビ・漫画・ゲーム・音楽・声優) 新しいものを中心に、イベント情報や懐かしいアニメ、アニメソングなどの情報を提供していきたいと思います。


    2018年4月よりBS スカパー!放送されたTVアニメ『グラゼニ』の続編、『グラゼニ シーズン2』が2018年10月から放送されることが発表された。

    シーズン2も主人公の凡田夏之介演じる落合福嗣さんをはじめとした豪華レギュラー陣も続投。さらにグラゼニならではのキャスティングで話題となったゲスト声優として、50歳まで現役を続けた鉄人・山本昌さんや、「グラゼニ好き」を公言する芸人・ハライチ岩井さんが登場するとのこと。

    シーズン2場面写真①

    シーズン2場面写真①

    シーズン2場面写真②

    シーズン2場面写真②

    そして、シーズン2ではついにヒロインのユキちゃんも登場!恋に、仕事に、お金に、揺れ動く主人公・凡田夏之介にまた会える。秋の放送が楽しみだ。7月20日からは毎週金曜午後9時(7月20日、27日は2話連続放送)より、『グラゼニ』シーズン1の第1話から再放送されるので、見逃した人はここでしっかりとチェックしておきたい。
     

    『グラゼニ シーズン2』放送決定ビジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【TVアニメ、『グラゼニ シーズン2』 2018年10月BSスカパー!で放送開始!!】の続きを読む


    ワザワキリ原作の「不機嫌なモノノケ庵」(スクウェア・エニックス)の第2期制作が決定した。

    【写真を見る】芦屋花繪役・梶裕貴「笑いあり涙ありの世界を、再びアニメとしてもお楽しみください!」

    本作は、2016年7月からTOKYO MXほかで放映されていたテレビアニメ。「妖怪祓い」を生業とする安倍晴齋と、彼の手伝いをすることになった芦屋花繪のコンビによる、妖怪を巡る日々を描いた物語。

    第1期に引き続き、アニメーション制作をぴえろプラス、シリーズ構成は吉岡たかをが務める。

    第2期制作決定に伴い、原作者のワザワキリ、シリーズ構成の吉岡たかを、芦屋花繪役の梶裕貴、安倍晴齋役の前野智昭がコメントを寄せている。

    ■ 原作者・ワザワキリ

    「アニメ化、第2期のお話いただきました!」と、第1期の時と同様、ある日突然に担当さんから電話でご報告をいただきまして、驚愕。しかし1期の時とは違って、喜びで動揺しつつも「ありがとうございます!」とマトモな返事ができたかと思います。

    あわよくば2期と、貪欲ながら妄想は抱いていたものの、達成感も相まって第1期の打ち上げでは「夢の最後だ」と、走馬灯を見ているような心持ちでスタッフさん方とお別れを致しました。なので「まさかの第2期……!?」という感想が正直なところです。

    自分の作品がアニメになることは、私にとっては何よりのご褒美。その褒美は他でもない、今日まで作品を応援しくださった皆さまからのプレゼントだと思っております。受け取ったからには、原作者として、担当さんと共に愛情込めて携わらせていただく所存です。動いてしゃべるモノノケ庵・再来☆ということで、ぜひともお楽しみに!

    ■ シリーズ構成・吉岡たかを

    前シリーズに続き脚本とシリーズ構成を担当させていただいております。さらに深まっていく安倍と芦屋の関係や立法に続いて司法、行政といった隠世の偉い人?の登場、芦屋の隠された秘密など、前回にも増して盛りだくさんでドラマチックな展開になっておりますが、相変わらずのモジャの可愛いさだけは、おろそかにならないよう注意して脚本を書きました。何が言いたいかというと、今回も「モジャ~!」なわけなのです。

    ■ 芦屋花繪役・梶裕貴

    テレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」第2期制作、おめでとうございます! これも、ワザワキリ先生の描く原作の魅力、そして作品ファンの皆様の応援があってこそです! 本当にありがとうごさいます!

    実はもうアフレコは始まっておりまして、毎回楽しく芦屋を演じさせていただいております! 新キャラクターもたくさん登場し、ますます賑やかな展開の本作。笑いあり涙ありの「モノノケ庵」の世界を、再びアニメとしてもお楽しみください!

    ■ 安倍晴齋役・前野智昭

    すごく思い入れの強い作品で、ずっと続きを演じたい!と思っていたので、こうして第2期という形が現実になり本当に嬉しいです。1期のキャラたちが新キャラたちとどう絡んでくるのか、皆さまもぜひご期待ください。精一杯、不機嫌な晴齋を第2期でも演じたいと思います。

    なお、「ガンガンONLINE」ではアニメ化を記念して、ワザワキリ描き下ろしイラストも公開されている。(ザテレビジョン)

    「不機嫌なモノノケ庵」第1期のキービジュアル。第2期のビジュアルが待ち遠しい


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アニメ「不機嫌なモノノケ庵」原作者あわよくば2期と思っていたら、第2期制作決定!!】の続きを読む


    アニメ「グリザイア:ファントムトリガー」の、黒崎真音によるOPテーマが1コーラス聞けるアニメPVとキービジュアルが解禁に。また、EDアーティストは南條愛乃に決定した。

    【写真を見る】PVで柔らかい笑みを浮かべるレナ(CV:内田真礼)

    「グリザイア:ファントムトリガー」は、人気美少女コンテンツメーカー「フロントウイング」が送るグリザイアシリーズ最新作Windows用アドベンチャーゲーム。シリーズ累計60万本突破のゲームが待望のアニメ化となる。

    廃校後、施設の解体費用もままならぬまま放置されていた「美浜学園」は個人に買い取られ、新たに「特殊技能訓練校」としての役目を得た。そんな学園で、様々な理由で行き場を失くした少女たちに与えられたのは銃と実弾。国防の名目の下に、彼女たちは命すらも顧みられることのない危険な超法規的活動を繰り返す。そんな、銃を手にして戦うことを選んだ少女たちの物語が綴られる。

    メインスタッフは、「きんいろモザイク」「Rewrite」で知られる天衝が監督を務める。また、「化物語」シリーズやテレビアニメ「神のみぞ知るセカイ」を手がけた渡辺明夫がキャラクターデザイン・総作画監督を担当。

    今回、アニメのキービジュアルとPVが公開され、キービジュアルでは、美浜学園の制服に身を包んだレナ(CV:内田真礼)とマキ(CV:南條愛乃)が対になり、不敵に微笑む印象的なビジュアルとなっている。また、PVは黒崎真音が歌うオープニングテーマに乗せて、少女たちが織りなす平和な日常と彼女たちが身を投じる過酷な戦いの様子を描いている。

    さらに、原作ゲームの最新巻「グリザイア:ファントムトリガー」Vol.5が7月27日(金)に発売される。ゲーム第5弾では内田真礼、佐倉綾音、名塚佳織、種﨑敦美、南條愛乃、三森すずこ、高森奈津美、井澤美香子ら豪華声優陣に加え、新たに新キャラクター・ユーキの声を佐々木未来が担当することが分かった。

    アニメ「グリザイア ファントムトリガー」は2018年に1話と2話が解禁予定とのことで、続報に期待したい。(ザテレビジョン)

    「グリザイア:ファントムトリガー」キービジュアル。レナ(CV:内田真礼)とマキ(CV:南條愛乃)が対になり、不敵に微笑む。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【PCゲーム「グリザイア:ファントムトリガー」待望のアニメ化】の続きを読む


    6月17日(日)は「父の日」。

    【大きい画像を見る】「カードキャプターさくら」(C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK


    アメリカのドット夫人が、母の日にならって、父の墓前に白いバラを供えたことが由来であり、毎年6月の第3日曜に制定されています。

    アニメにも数多くのお父さんが登場します。主人公を導く理想の大人であったり、ぐーたらなダメ人間であったりと、性格はさまざま。本当の父親だったり、実は血が繋がっていなかったりと、描かれ方も多種多様で、ストーリーを盛り上げています。

    そこでアニメ!アニメ!では、「理想のお父さんキャラは?」と題した読者アンケートを実施しました。6月4日(月)から6月11日(月)までのアンケート期間中に116人から回答を得ました。
    男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約53パーセント、20代が約35パーセントと若年層が中心でした。

    ■トップは野原ひろし 家族を支える姿に共感の声
    1位は『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし。支持率は約16パーセント。しんのすけの父・ひろしが、2位にダブルスコアの大差でトップに輝きました。


    ファンからは「家族がピンチの時は必死に駆けつける野原家の大黒柱なところが好きです!」や「どんな問題に直面してもしっかり家族のことを考える父親らしい姿勢に惹かれる」といったコメントが寄せられています。テレビではグータラなことが多いひろしですが、劇場版で見せる男らしい姿が支持を集めたようです。

    2位は『名探偵コナン』の工藤優作。支持率は6パーセントでした。優作は江戸川コナンこと工藤新一の父親で、職業は推理小説家。高校生名探偵である新一を凌ぐ推理力を誇ります。


    妻の有希子とともにアメリカに在住しているため、レギュラー出演ではありませんが、印象に残っているファンが多いようです。「コナンに助言をして事件解決の手助けをしているから」と、影ながら息子を支える姿が好印象なようです。なお同率6位には毛利蘭の父親・毛利小五郎もランクインしています。

    3位は『銀魂』の星海坊主、『カードキャプターさくら』の木之本藤隆、『夏目友人帳』の藤原滋が同票でランクイン。支持率は約5パーセントでした。
    今回のアンケートは放送開始から10年以上が経過した人気作の強さが目立っています。上位の作品では『クレヨンしんちゃん』が1992年、『名探偵コナン』が1996年、『カードキャプターさくら』が1998年、『銀魂』が2006年、そして『夏目友人帳』が2008年にアニメ化されました。


    また同率9位には『銀魂』の坂田銀時、同率11位には『ハイキュー!!』の澤村大地と、父親ではないキャラクターもランクインしました。銀時には「毎日笑わせてくれそうだから」や「どんな時でも守ってくれそうだから」、大地には「時に厳しく、時に優しくチームをまとめている所がお父さんっぽい」といった投票理由が寄せられています。
    キャラクターが成長したらどんな父親になるのか、想像してみるのも面白い結果となりました。

    ■ランキングトップ10
    [理想のお父さんキャラは?]
    1位 野原ひろし 『クレヨンしんちゃん』
    2位 工藤優作 『名探偵コナン』
    3位 星海坊主(神晃) 『銀魂』
    3位 木之本藤隆 『カードキャプターさくら』
    3位 藤原滋 『夏目友人帳』
    6位 波風ミナト 『NARUTO -ナルト-』
    6位 古河秋生 『CLANNAD』
    6位 毛利小五郎 『名探偵コナン』
    9位 香風タカヒロ 『ご注文はうさぎですか?』
    9位 坂田銀時 『銀魂』

    (回答期間:2018年6月4日(月)~6月11日(月))

    次ページ:ランキング20位まで公開

    ■ランキングトップ20
    [理想のお父さんキャラは?]
    1位 野原ひろし 『クレヨンしんちゃん』
    2位 工藤優作 『名探偵コナン』
    3位 星海坊主(神晃) 『銀魂』
    3位 木之本藤隆 『カードキャプターさくら』
    3位 藤原滋 『夏目友人帳』
    6位 波風ミナト 『NARUTO -ナルト-』
    6位 古河秋生 『CLANNAD』
    6位 毛利小五郎 『名探偵コナン』
    9位 香風タカヒロ 『ご注文はうさぎですか?』
    9位 坂田銀時 『銀魂』
    11位 うずまきナルト 『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
    11位 澤村大地 『ハイキュー!!』
    11位 マース・ヒューズ 『鋼の錬金術師』
    14位 キリト(桐ヶ谷和人) 『ソードアート・オンライン』
    14位 藤本獅郎 『青の祓魔師』
    14位 征陸智己 『PSYCHO-PASS サイコパス』
    14位 幸平城一郎 『食戟のソーマ』
    14位 ロイ・レヴァント 『SoltyRei』

    (回答期間:2018年6月4日(月)~6月11日(月))【ほかの画像を見る】「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【野原ひろしが1位を獲得 何だかんだでいいお父さん】の続きを読む


    現在、アキバ総研では、公式投票企画「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」を開催している。
    来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票

    【大きな画像をもっと見る】

    まもなく始まる2018夏アニメ。その中からみなさんが期待している作品を決めようという今回の投票企画。投票開始から10日が経過した、6月22日(木)13:00時点のトップ10をお伝えしよう。

    1位 邪神ちゃんドロップキック 5093票
    2位 進撃の巨人 Season 3 2890票
    3位 BANANA FISH 624票
    4位 ゆらぎ荘の幽奈さん 603票
    5位 アンゴルモア 元寇合戦記 451票
    6位 中間管理録トネガワ 437票
    7位 オーバーロードIII 407票
    8位 あそびあそばせ 392票
    9位 少女☆歌劇 レヴュースタァライト 370票
    10位 ISLAND(アイランド) 330票

    その途中経過を見てみると、トップを爆走するのが「邪神ちゃんドロップキック」だ。ユキヲさんがWEBコミックサイト【COMIC メテオ】にて連載中の人気コミックで、「~ですの」口調の邪神ちゃんがとにかくかわいい作品。そんな邪神ちゃんに魅了されている方が多くいるのだろう。気合いの入ったPV第1弾が公開されているが、本作を知らない方は「OP『あの娘にドロップキック』」もあわせてチェックしておこう。


    2位には、原作コミックが累計6800万部を突破した大人気作品の続編モノ「進撃の巨人 Season 3」が続く。人間同士の争いも予感させるPVには、激しいバトルシーンが描かれており、その作画クオリティも高く、期待がふくらむ内容となっている。


    3位の「BANANA FISH」は、「海街diary」など数々のヒット作を生み出している漫画家・吉田秋生さん原作によるアニメで、2人の少年が“バナナフィッシュ”の謎に迫っていくうちにマフィアなどの陰謀に巻き込まれていくというストーリー。原作マンガは1980~90年代に連載。アラサー・アラフォーのマンガ好き世代に直撃している方も多くいるはずだ。


    4位は「ゆらぎ荘の幽奈さん」で、元温泉旅館の格安下宿を舞台に、貧乏主人公と幽霊少女を中心に、個性豊かなゆらぎ荘の同居人(主に女子)たちが描かれるちょっとHな王道ラブコメ。先日公開された第2弾PVは、肌色率多めで、ラッキースケベも期待できそうな内容だ。


    5位の「アンゴルモア 元寇合戦記」は、中世日本を揺るがす大事件「元寇」を斬新な視点で描く本格歴史大河ロマン。壮大なBGMに激しい乱戦シーンと、その迫力ある映像は必見。


    そして6位以下には「中間管理録トネガワ」「オーバーロードIII」「あそびあそばせ」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「ISLAND(アイランド)」が並ぶ。いずれも僅差で最後までどうなるかわからない展開を見せている。

    TOP3は、「邪神ちゃんドロップキック」の独走状態だが、2位の「進撃の巨人 Season 3」の大逆転も十分考えられる。3位の「BANANA FISH」についても原作の人気を考えればまだまだ伸びそうで、今後の展開にも目が離せそうにない。

    今回の投票企画の締め切りは6月27日(水)。まだ票を投じていない方は、お早めに。
    来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票
    >> 進撃の巨人が2位で、1位はあの作品! 「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」中間発表 の元記事はこちら
    進撃の巨人が2位で、1位はあの作品! 「来期は何を観る!? 観たい2018夏アニメ人気投票」中間発表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【観たい2018夏アニメ人気投票 中間発表 邪神ちゃんドロップキックがダントツの1位】の続きを読む

    このページのトップヘ

    育毛剤