アニソン天国

アニメ全般(テレビ・漫画・ゲーム・音楽・声優) 新しいものを中心に、イベント情報や懐かしいアニメ、アニメソングなどの情報を提供していきたいと思います。


     往年の名作マンガ・アニメの再起動が、次々と始まっている。かつて作品を愛した世代も、新たに作品を知った世代も、どちらも楽しめる作品力の強さは、コンテンツホルダーにとっても魅力的なのか。

     去る8月10日、今年30周年を迎えた『機動警察パトレイバー』が「パトレイバーの日」を祝った。「パ(8)ト(10)」の語呂合わせにちなむ記念日に併せて新作『パトレイバーEZY』のプロジェクトが本格始動したことも発表され、ファンの間で大いに話題になっている。同作のコミックとOVAが始まったのは1988年。以降テレビアニメや劇場版。近年は、実写映画も公開されるなどコンテンツとしての息が長い。

     そのコミック版(小学館)を描いた、ゆうきまさみ氏のマンガ『究極超人あ~る』(同)も、いま再び注目を浴びている作品だ。同作が「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されたのは1985年から87年。それが、今年は31年ぶりに単行本の続刊や、愛蔵版ボックスなども発売されているのである。

     このほかにも、再始動した往年の名作は枚挙にいとまがない。『シティーハンター』の新作劇場版アニメは、来年2月に公開予定。『銀河英雄伝説』の新作テレビアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』(TOKYO MXほか)も、さまざまな批評を浴びながらも注目はやまない。

     そうした作品については、年齢を重ねたかつてのファンばかりが騒いでいるわけではない。関連した催しなどに足を運ぶと、目立つのはリアルタイムには産まれてもいなかったであろう若者の姿。そういう若者に話を聞くと、誰もがこんな話を。

    「親の本棚にあったので、読んでドハマリしました。今は、親子で楽しんでいますよ」

     今では、コミックマーケットなどで親子でコスプレをしている人も当たり前のようにいる。そうした往年の名作の再始動は、仕掛ける側からは、どう見えているのか。アニメ製作会社の関係者は語る。

    「いまだに語り継がれている作品というのは、世代を超えて観賞に堪えうる力を持っている……つまり、名作です。1クールごとに廉価なグッズがちょこちょこと売れるというルーティンを繰り返すだけの深夜アニメよりも、手堅いのは間違いありません。それに、今では親世代になったファンは財布も大きいですし……」

     ビジネス面でも美味しい往年の名作。かつては存在しなかったグッズが次々と発売されるのは、ファンにとっても喜ばしいことだ。
    (取材・文=昼間たかし)

    アニメ「劇場版シティーハンター」公式サイト より


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)

    no title



    <このニュースへのネットの反応>

    【往年の名作のリバイバルが相次ぐ 「パトレイバー」と「シティーハンター」の新作が楽しみだ】の続きを読む


    アニメの楽しみ方は観るだけじゃありません。リアルイベントのように現実でアニメに触れる機会がありますし、アニメに関わる面白い場所はたくさんあります。

    【大きい画像を見る】「ゲゲゲの鬼太郎」(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション


    せっかくの夏休みはどこに行こうか悩んでいる人には、全国各地にはおすすめのスポットがいっぱいあるので紹介させてください。

    ■ガンダムベース東京と実物大ユニコーンガンダム(東京都江東区)
    「ガンプラのすべてがここにある」。2000種類の商品と1500種類の展示品が並ぶ世界一のガンプラショップ。1980年代に発売された最初のガンプラから最新商品まで購入できるほか、ここにしかない限定商品も揃えています。

    購入したガンプラの組み立てや塗装ができるスペースもあり、ガンプラマイスターに工作のコツを教われるのも魅力。“ガンプラ工場”バンダイホビーセンター(静岡)を再現した展示エリアでは、ガンプラの製造過程を学ぶこともできます。


    さらに同じダイバーシティ東京プラザ内の2Fフェスティバル広場には実物大ユニコーンガンダムが展示されているので、ぜひ立ち寄ってみてください。きっとガンプラを満喫できるはずです。

    ■声優ミュージアム(東京都渋谷区)
    声優の「歴史」と「今」に関する資料を展示。連続TVアニメーション『鉄腕アトム』の放送から50年が経った現在は、「アニメ・声優ブーム」だと言われます。国内外でアニメーションのキャラクターを演ずる「声優」への興味が高まっています。
    この素晴らしい声優文化を後々まで伝えて行くことを目的に記録を残しているそうです。

    展示スペースには、ベテラン声優の貴重な展示品から新人声優の紹介までの資料を展示。さらには声優に関する、万事の祈願処として「声優神社」、ここでしか買えない記念品や、声優に関する書籍・CDを用意したグッズコーナーもあります。
    さらに、声優ミュージアムと同じビルの6Fにあるライブスペース「81LIVE SALON」では、年50回ほどのステージが開催されていて、声優による歌や演技を間近で見ることができます。

    ■明治大学現代マンガ図書館(東京都新宿区)
    国内で最大級のマンガ蔵書数を誇る専門図書館。1978年に日本で初めてマンガ図書館を設立した内記稔夫氏が、50年以上にわたって収集したマンガの単行本や雑誌、入門書、評論集などが収蔵されています。
    2009年にこれら膨大なコレクションを後世に残すべく、全ての蔵書が明治大学へ寄贈されて今日に至ります。

    マンガ好きなら一度は訪れてみたい“聖地”ではないでしょうか。通常、マンガを閲覧するには入館料とは別に1冊100円の料金がかかります。ただし、年会費6000円の会費を払えば閲覧料は発生せず、貴重本や1970年以前の古い出版物も読むことができます。

    ■青山剛昌ふるさと館(鳥取県東伯郡北栄町)

    「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    国民的アニメ『名探偵コナン』原作者の青山剛昌先生の故郷・鳥取県東伯郡北栄町にあるマンガ・アニメミュージアム。同町では観光客誘致のため、かねてよりコナンの里づくりを進め、コナン通りの整備やブロンズ像の設置などに取り組んできており、2007年3月18日に同施設を開館しました。

    青山剛昌先生の思い出の所蔵物や、『名探偵コナン』を中心とした貴重な資料などが展示されています。
    青山剛昌氏の生い立ちや探偵への憧れなどが紹介されていたり、実際にマンガを描いている仕事部屋の様子が再現されていたりするほか、様々なイベントや特別展示なども開催しています。


    →次のページ:あの国民的漫画家のミュージアムも

    ■水木しげる記念館(鳥取県境港市)

    「ゲゲゲの鬼太郎」(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
    アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる日本を代表する漫画家・妖怪研究家で境港市出身の水木しげる先生の作品を展示。

    銅像23体が並んだ「水木しげるロード」が1993年にオープンし、老若男女問わず愛され続けている水木ワールドの集大成として、2003年にロード内に開館しました。
    100年の歴史を誇る料亭を改装した館内には、迫力満点の妖怪オブジェやジオラマ、映像があふれています。また、館内には飲食できるところはありませんが、「水木しげるロード」周辺には飲食店があるので、合わせて楽しむことをおすすめします。

    ■宝塚市立手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市)

    「手塚治虫文化賞」
    兵庫県宝塚市で5歳から24歳までの約20年間を過ごしたマンガ家・手塚治虫先生の生涯を称え、没後5年目の1994年に宝塚市に設立。

    1階には『リボンの騎士』の王宮をイメージしたエントランスホールがあり、グッズ展示棚では『鉄腕アトム』を始めとするキャラクターグッズが並んでおり、常設展では「火の鳥(未来編)」に登場する生命維持装置をモチーフにしたカプセル40本に手塚治虫先生ゆかりの品や、作品資料を展示。
    さらには記念館オリジナル3作品も月替わりで上映されています。

    2階は年3回の頻度で企画展が開催されており、手塚治虫作品のほとんどが揃ったライブラリーで閲覧も可能です。また、グランドフロアにある「アニメ工房」では、アニメ制作の初歩等を体験することができます

    ■香美市立やなせたかし記念館(高知県香美市)

    「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018
    『アンパンマン』シリーズなどで知られる日本を代表するマンガ・童話・絵本作家のやなせたかし先生ゆかりの地である高知県香美市にある美術館。「高知アンパンマンミュージアム」の愛称で親しまれています。

    やなせたかし先生の多彩な創作世界を収集・研究・公開するために1996年に設立。タブローや貴重な絵本原画などを通して『アンパンマン』の世界を体感できるアンパンマンミュージアム、やなせたかし先生のライフワークだった雑誌『詩とメルヘン』の作品を鑑賞できる詩とメルヘン絵本館があります。

    「香美市立やなせたかし記念館」公式サイト

    ■アニメスポット以外にも聖地巡礼がおすすめ


    これまで紹介したのとはまた違いますが、アニメの舞台となった市町村が日本全国にありますので、舞台探訪(聖地巡礼)をするのも楽しいと思います。
    とくに埼玉県はアニメの舞台となった場所が多く、観光客誘致のために聖地巡礼を歓迎する施策を打ち出しています。

    一番におすすめしたいのが、大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』の舞台となった秩父。アニメに登場した場所を記載したガイドマップも配布しているので、「全部を回れるかな?」的な楽しみ方ができると思います。

    埼玉県に限らず、「アニメツーリズム協会」が認定する聖地は日本全国88ヵ所あるので、ぜひチェックしてみてください。

    「アニメツーリズム協会」公式サイト
    ◆◆
    2次元ですが3次元と密接にリンクしているのがアニメ。アニメ好きにとっては、日々の生活にも大きな影響力を持っているのは間違いないと思います。せっかくの夏休みだからこそ家から一歩出て、より世界観に触れてみれば素敵な夏の思い出になるでしょう。【ほかの画像を見る】「名探偵コナン ゼロの執行人」(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
    アニメファンが行きたい夏休みスポット7選 「ガンダム」「コナン」あのキャラに会いに行こう!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アニメファンが行きたい夏休みスポット7選  結構楽しめそうです】の続きを読む


    【艦船紹介】軽空母・セントーかの大戦の後で進水したロイヤル空母。生真面目な性格。とある理由から仲間の誰に対しても「先輩」と呼ぶ。イラストはTony(@Tony_T2ARTWORKS )先生!「特型艦建造」て期間限定ピックアップで実装予定!※ピックアップ終了後、常設実装されます#アズールレーン pic.twitter.com/6CPhMXQnNh— アズールレーン公式 (@azurlane_staff) 2018年8月17日

    【大きい画像を見る】『アズールレーン』軽空母「セントー」が公開―イラストは『シャイニング』シリーズのTony先生!

    Yostarは、iOS/Androidアプリ『アズールレーン』の公式Twitterにて、SSレア軽空母「セントー」を公開しました。

    今回公開されたセントーは、とある理由から仲間の誰に対しても「先輩」と呼ぶ生真面目な性格だとのこと。構えている武器は、アーチェリーで使われる弓をイメージしたような見た目となっています。

    イラストは、SEGAの人気RPG『シャイニング』シリーズでお馴染みのTony先生(@Tony_T2ARTWORKS)が担当!「特型艦建造」にて期間限定ピックアップで実装予定です。なお、ピックアップ終了後には常設実装となります。


    『アズールレーン』は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。


    (C)2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
    (C)2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.【ほかの画像を見る】『アズールレーン』軽空母「セントー」が公開―イラストは『シャイニング』シリーズのTony先生!
    『アズールレーン』軽空母「セントー」が公開―イラストは『シャイニング』シリーズのTony先生!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『アズールレーン』軽空母「セントー」が公開 かなりきわどい格好だ】の続きを読む


     システムソフト・アルファーは本日(2018年8月17日),PC向けシミュレーションゲーム「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」の,通常版および豪華限定版の価格改定版を,10月26日に発売すると発表した。戦極姫シリーズは成人向けゲームとしても展開されているが,こちらは全年齢対象製品だ。
     価格は,通常版が2980円で,ビジュアルアートブックとオリジナルドラマCDの付いた豪華限定版が4980円(共に税別)。


     本作は,戦国時代の世界を舞台に,「織田信長」「武田信玄」「上杉謙信」といった名将の軍師となり,全国67国に立ち塞がる戦国大名や豪族達と合戦を繰り広げるというタイトル。美少女となった武将達と,天下統一を目指すのだ。

    リンク:「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」公式サイト

    価格改定版になって新登場!
    PC版全年齢対象製品
    「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」
    発売決定のお知らせ
    ゲームのソフトの開発・販売を手がける“システムソフト・アルファー株式会社”(東京都渋谷区、代表取締役社長:高橋征克)”は2018年10月26日(金)に現在好評発売中の「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」通常版・豪華限定版の価格改定版を発売することをお知らせ致します。

    戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影〜[価格改定]とは?

    シナリオ・CG・システム共に全てを一新した全年齢対象作品の「戦極姫-華-」がお求めやすくなった価格改定版になって新登場!豪華限定版には人気のビジュアルアートブックが同梱!

    プレイヤーは「織田信長」「武田信玄」「上杉謙信」といった名将の軍師として全国67国に立ち塞がる数多の戦国大名や豪族達と合戦を繰り広げ、天下統一を目指します。
    「どの城を攻め、どの城の守りを固めるか?」、プレイヤーの思い通りに遊べるシミュレーションゲームならではの自由度の高さが、飽きること無いゲームの面白さを与えてくれます。

    あらすじ
    「応仁の乱」に端を発する足利将軍家の衰退により朝廷の権威が失墜し、武力が全てとなった戦乱の時代、全国各地の群雄が割拠し、天下統一を目指して覇権を争い鎬をけずる。
    室町幕府まで続いた貴族主義の伝統と価値観は崩れ去り、“武力と知略があるものが天下に名を上げる”世の中で、人々は強者に付き従うようになっていく。

    10大名家シナリオで展開するストーリー
    各地を次々に治め、美少女武将との仲を深めていく華やかな成功の裏にある、犠牲、別離、死、陰謀、復讐といった闇の部分。それら戦国の光と影の全てを描いた新シナリオでストーリーは展開される。
    織田、武田、上杉といった人気大名家に加え、『三好家』『足利家』を含めシリーズ最大の10大名家を収録!
    シナリオはPC版「戦極姫3」から8割以上が新たに書き下され、以前とは違う新しい物語がプレイヤーを待ち受ける。

    豪華限定版

    【特典1】ビジュアルアートブック
    キャラクターの魅力や高解像度のイベントCGを存分に堪能できる、100ページに及ぶ豪華ビジュアルアートブック!
    さらに、ここでしか見られない9名の原画家によるサイン入り新規描き下ろしイラストを収録!

    【特典2】オリジナルドラマCD
    本編では見ることが出来ないキャラクターの一面が堪能できる完全描き下ろしのオリジナルドラマ2本を収録!

    (C)2018 SystemSoft Alpha Corporation



    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:https://www.4gamer.net/games/430/G043036/20180817057/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    関連タイトル:
    ・PC 戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    (C)2014 SystemSoft Alpha Corporation
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

    PC向け「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」の通常版と豪華限定版が価格改定。順に税別2980円,4980円で10月26日に発売


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【PC向け「戦極姫-華- 〜真録・天下を切り裂く光と影」の通常版と豪華限定版が価格改定版を2018年10月26日(金)に発売】の続きを読む


     子どものころから多くのゲーマーが慣れ親しんできたであろうRPG。見知らぬ土地を巡り、剣と魔法を駆使して強敵と戦う。世界の広がりと自身の能力向上など、冒険を通じて成長を感じる旅路。傍らにいるのは、おさな馴染みやライバル、あるいは恋心を寄せる異性といった頼もしい仲間の存在だ。ゲームならではの冒険は、多くの体験をプレイヤーに与えてくれる。

     しかしそんなゲーマーたちを一種あざ笑うかのようなお約束が、「仲間の離脱」である。それは離反した仲間が再度復帰するための演出であったり、盟友が死んでしまうという物語上の悲劇であったり、あるいはDLCで主役にするためにあえて離脱するということもあるが、ともかくプレイヤーにとっては悲劇となりうる要素だ。

     経験値や特殊な成長アイテムを投じて成長させた仲間は、時には大枚をはたいて購入した装備すらも持ち去りながら離脱してしまう。そんなイベントで離脱するキャラクターは、怨嗟のためか不思議なほど記憶に残り、後世に語られることが多い。

    (画像は『ドラゴンクエストVII』公式サイト | キャラクターより)

     『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』に登場する「キーファ・グラン」も途中離脱によって鮮烈な印象を残したキャラクターのひとりだ。

     主人公の親友ポジションかつ戦力的にも申し分ない仲間。パッケージにも堂々とその立ち姿を披露しているところから、当時、途中離脱を予想できたプレイヤーはほとんどいなかっただろう。主力として『ドラクエ』シリーズではお馴染みの強化アイテム「種」を与えるなどしていたプレイヤーは、その突然の別離を嘆き悲しみ「種どろぼう」、「種返せ」と連呼したという。

     しかし時は流れ、愛される途中離脱キャラクターとして定着した彼を、レベル99にしたやりこみプレイヤーが現れた。完全無編集でそのレベル上げを公開し続けた「ささじま」氏だ。

     キーファをレベル99にするまでの作業がどれほど苦しいものなのかは、実際にゲームをプレイしていないと実感しづらいかもしれない。

     ただ、ささじま氏はその攻略を記録した無編集の動画を毎日ニコニコ動画に投稿しており、いずれも時間の長さは2時間程度で、レベル上げを行う場所はほぼ同じ。さらにそのパート数が1176、動画数が271件になると伝えれば、どれほどのプレイ……いや、修行なのかが伝わるだろうか。

     ささじま氏はなぜキーファをレベル99にしようと考えたのか? 精神に異常はきたさなかったのか? ささじま氏本人に「キーファを諦めない」プレイの裏に隠された背景を伺った。

    文/Nobuhiko Nakanishi
    取材・編集/ishigenn


    ──あらためて、キーファをレベル99にするプレイがどんなやり込みか教えていただけますか?

    ささじま氏
     キーファは主人公の親友で、何もない島から世界を股に掛ける大冒険を始めるきっかけを作った人物であり、頼れる戦士タイプです。レベルが上がってもMPがゼロのままなのですが、裏を返せば特技をMP消費なしで使えるので、シリーズ作をプレイしている人にとっては「前作のハッサンよりも頼れる仲間になるのでは?」と思わせるのですが、物語のかなり早い段階、まだメタルスライムすら出ない段階で離脱してしまい、二度と戻ってきません。これまでのシリーズでは離脱するキャラはレベルの上限が低かったり、そもそもレベルが上がらなかったりしたのですが、キーファのレベルは99まで上がるように設定されています。

     なのでキーファのレベルをカンストさせるには、離脱前で一番効率の良いフォーリッシュの洞窟内で、1回の戦闘で多くても200程度しか入手できない経験値を、819万1271ほど稼ぐ必要があります。序盤はレベルが低いため1時間当たり10000程度しか稼げなくてかなり苦労しますが、終盤は1時間当たり15000くらいは稼げるようになるので、600時間くらいで達成できる算段です。

    キーファLv99を目指す Part.0001-0004

     ちなみに2004年にXYZ氏という方が最初にこのやり込みを達成されたのですが、その方はホイミスライムからのレアドロップ(1/4096)を狙うために洞窟の外で狩りをして、最終的に650~660時間ほど掛かったようです。

    ──すさまじい時間ですよね……。すでにレベル99の挑戦は成功していますが、実際にかかった時間はどれぐらいだったのでしょうか?

    ささじま氏
     キーファがレベル99になったときのゲーム内時間は583時間54分、ここからキーファを狩り場であるフォーリッシュまでレベル1のまま運ぶのに掛かった10時間43分を引くと、573時間11分になるのですが、フリーズで消失した作業時間が合計で22時間55分あるので、これを足すとトータル596時間6分になりますね。
     寝落ちや離席もあるので把握しきれていませんが、合計で3時間くらいは無操作の時間があったと思うので、手を動かしていたのは593時間くらいだと思います。

    ──593時間と考えても、1日2時間でも300日ぐらい、10ヵ月弱はかかる計算ですよね。

    ささじま氏
     準備期間も含めると、まっさらなデータから始めたのが2017年10月10日で、準備に5日掛かりました。動画の“パート0001”を撮ったのが10月15日で、最終パートを撮ったのが2018年07月9日なので、約9ヵ月ですね。

     リアルの話をすると、仕事が週替わりの三交代制なので、日勤の週や夜勤明けは普通に仕事が終わってから作業を始めても、そのときに撮った動画をその日中に投稿できます。ただ、仕事が昼からの週は帰りが日付が変わる手前になるので、週末にあらかじめ動画を1~2本、余分にストックできるようにしていました。
     ストックが1本でもあれば昼勤の週でも自分で決めたルールの「(なるべく)1日1投稿」を維持できるし、日勤・夜勤の週は1日サボっても大丈夫なので心の余裕ができました。

    ──600時間というとそれほどとは思わないかもしれないですが、ほぼ同じ場所で同じ敵を相手に延々とレベル上げをするというのはかなりの苦行だったはずですよね。そもそも、なぜキーファをレベル99にしようと考えたのでしょうか?

    ささじま氏
     もともとキーファのレベル99を目指していた生主が他に居て(通称やっさん)、その人は未達成のまま引退してしまいました。私がゲームのやり込みを始めるきっかけにもなった方なので、その方の無念を晴らす意味も含めて私が引き継ぎました。

    ──正直なところ、諦めようと思ったことは?

    ささじま氏
     諦めようと思ったことはありません。つらかったのは最初のほうだけでしたね。「自分これマジで始めちゃったけど最後までやれんのかな……」と不安でいっぱいでした。

     ゲーム内で起きたことをメモしたりしていたので、つらさを紛らわせることはできました(メモったことは動画詳細文やマイリスコメントに貼り付けてある)。3ヵ月経ったくらいでほぼ完全にルーチンワークになりましたね。

    ※公開されているデータのタイトルには「精神安定用」の文字が記されている。

    ──しかし600時間のあいだ、キーファとにらめっこするわけですよね。思わずキーファを嫌いになったりしませんでしたか?

    ささじま氏
     特に嫌いにはなりませんでしたし、キーファに特別な感情は抱きませんでしたね。ときどきキーファがお笑い芸人のカズレーザーに見えてきて、『採用!フリップNEWS』のある火曜日が待ち遠しくなりました。
     序盤のレベルが低かったころは、敵よりも行動が遅くてイライラすることはありましたが、それもパート20からパート30くらいまででした。むしろキーファは4人の中でいちばん早くにレベル99に到達するので、良いキャラです。

    ──無編集の動画をパート1000以上も投稿することも話題になりました。

    ささじま氏
     編集までやると途中で挫折すると思ったからですね。そもそもやり込みはニコ生で見ているだけで満足していたのですが、ある日突然、「『ファイナルファンタジーIX』のマーカスのレベル上げをやってみたい」という衝動に駆られ、「編集しない動画は逆に新しいかな?」と思って始めました。
     のちにキーファはマーカスの約4倍程度の時間が掛かることがわかっていたので、ファイルサイズも約4倍程度だろうから、まずは動画投稿容量と相談でしたが、キーファのレベル上げを始めてから2ヵ月後にニコニコ動画の仕様が変わって容量が無制限になったお陰で、上限に達する心配はなくなりました。

    ──レベル99以上に達したときの気持ちは?

    ささじま氏
     達成感以上に「最後にフリーズしなくて良かった」、「USBのエラーで録画停止が起こらなくて良かった」という気持ちが大きかったですね。続いて、2004年にキーファレベル99を達成されたあるお方(XYZ氏)の残した、「全くといっていいほど達成感がないです」という言葉に初めて共感出来ました。作業時間もここまで長くなると、達成感や開放感よりも、喪失感のようなもののほうが勝った気がします。

    ──意外に達成感がないのですね……。

    キーファLv99を目指す Part.1176(Final)

    ──ニコニコ動画のプロフィールを見る限りでは、ほかにもやり込みプレイをされていますよね。

    ささじま氏
     「スーパーファミコン版『ドラゴンクエストVI』の主人公極限低レベル一人旅」と「『ファイナルファンタジーIX』の最強ステータス」ですね。簡単なのでいえば、「スーパーファミコン版『ファイナルファンタジーV』のガラフを離脱前にレベル99にする」とかありますが、狩り場に着いてレベルを99にするのに17時間程度で終わるのでかなりぬるいです。
     『ドラゴンクエストVI』は期間としては7年半も掛かりましたが、ゴールド稼ぎのために穴掘りを多用していた一方で、穴掘りで無限に手に入ってしまう木の実類は取っても使わないとか中途半端に縛ったり。そのクセ一人旅では手に入らないメタルキングの盾を解禁したりと、非常に中途半端な出来のやり込みになってしまいました。

     『ファイナルファンタジーIX』のやり込みは、かつてニコ生で初めてマーカスのレベル99を手動で達成した生主(やっさん)に「自分もマーカスやってみたい」と言ってみたところ、「じゃあついでに最強ステータス作ると良いよ」と勧められたのがきっかけです。
     マーカスのレベル上げはスティックをテープで左に固定して連射機を使って放置するのが一般的なのですが、やっさんは完全手動を全部ニコ生で配信した初の生主だったので。対抗して私は完全手動で最強ステータスにするプレイを全部ニコ動に投稿しました。

    ──どうしてレベル99やステータスマックスといったやり込みに挑戦するんでしょうか?

    ささじま氏:
     結論から言うと、この手のやり込みはよく「時間かければ出来る」と言われながら、その実、達成に至る人はあまりいないからです。

    ──テクニックが必要なRTAなどとは違って、この手のやり込みはとにかくマラソンのように持続力が必要ですよね。それに耐えうる人間が挑戦できるやり込みなのかなと思います。

    ささじま氏
     私は元を辿れば「1つの好きなゲームを好きなだけ、飽きるまで」やりたい人なのですが、言い換えれば満足感が得られるまでやらなきゃ気が済まないんです。それはレベルMAXやステータスカンストである必要はありません。
     幼少のころはファミコンの『ドラゴンクエストIII』『ファイナルファンタジーIII』を初期データから始めてはラスボスを倒し、また初期データから始めてはラスボスを倒しを延々と、両作品とも30週くらい繰り返していました。この頃は主人公になりきって一緒に冒険することに満足感を得ていたようです。他にやるゲームがなかったのもありますが、これも結果的に見ればある意味やり込みです。

     『マリオカート』と出会ってからタイムアタックもやっていました。これは自己ベストが出れば、他人より多少遅くても満足感は得られます。 ネットが普及してから初めて低レベル攻略や縛りプレイという概念が存在することを知り、達成した人達のレポートを読みあさって、いくつか真似したりなんかもしました。これがのちに『ドラゴンクエストVI』の低レベル一人旅につながります。 YouTubeやニコニコ動画のお陰で「ゲームは見てるだけでも楽しい」ということも知りました。

    (画像はYouTube | 【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオカートより)

    ──もともと、ささじまさん自身に素養があったわけですね。

    ささじま氏
     そして本題ですが。 その後にニコ生などの配信ツールによって他人のゲームプレイの「途中過程」を見ることが出来るようになりました。これが実は革新的で、自分以外の「諦める人」を見ることが出来るようになったんです。

     それまでは動画やレポートなんかは達成してしまった人の結果ばかりを見せられていたわけですが、ニコ生でタグや詳細文に「やり込み」と入れてたり、口で「やる」と言ってパート数を振ったりしてたのに、未達成のままフェードアウトする人を大勢見る事が出来るようになりました。たとえば先ほど言った『ファイナルファンタジーIX』のやり込みも始めた人は40人くらいは見かけましたが、最後までやった人は片手で収まる人数しかいません。

    ──なるほど。それまで時間をかければできると言われていたやり込みが、実は大変だったことが途中過程の見える化でわかってきたと。

    ささじま氏
     そうですね。結果を見るに、大抵の人は「時間をかければ出来ること」に「本当に時間を取られること」を惜しむんです。 途中で投げて「続きは気が向いたらやる」という人も多いですか、私に言わせれば「時間をかければ出来る事に本当にダラダラ時間をかける」のはやり込みとは言えません。

      配信したり動画を投稿しているなら、見ている人の期待に応えるためにある程度の計画性が必要と考えます。 見ている人は「完結するところを早く見たい」んです。 なので、キーファのレベル99が9ヵ月ほどで終わったという点では、見ている人の期待に応えられたと思います。

    キーファLv99を目指す Part.1176(Final)

    ──今後もまだまだやる気があるようでが、挑戦するやり込みのご予定はありますか?

    ささじま氏:
     リアルの事情ですぐには再開できないのですが、『ドラゴンクエストVII』でこのまま他の3人もレベル99にします。『ドラゴンクエストVII』が終わって別のゲームをやるときが来たとしても、「長丁場の作業を全部ノーカット無編集で上げる人」を目指したいと思います。(了)


     ささじま氏が指摘したように、やり込みプレイの中でも特に忍耐力を必要とするタイプのものは軽んじて見られがちで、多くの人は「すごい」と言うよりも「気は確かか」という気持ちを抱くのではないだろうか。RTAのようなテクニックや戦略がひと目でわかるやり込みと異なり、レベルカンストやステータスマックといった挑戦は、どうしても地味になるものである。

     しかし、ゲームプレイややり込み動画の投稿が一般的になるにつれて、それが実は簡単そうに見えてやり遂げられる人がいないという挑戦であることに気づいたささじま氏は、他のやり込みプレイヤーと同様に称賛されるべき存在ではないだろうか? ささじま氏が今度どのようなやり込みに挑戦するのか、今後も目が離せそうにない。

    ささじま氏のニコニコ動画ユーザーページはこちら

    【あわせて読みたい】

     

    「数十万頭のモンスターを狩りました」──『モンスターハンターポータブル2nd G』を10年以上プレイし続ければ全モンスターの討伐数はカンストするのか?

     「なぜ10年以上も『MHP2G』をやり続けているのか?」、「『モンハン:ワールド』などの新作はプレイしないのか?」編集部は『MHP2G』を10年間やり続けたプレイヤーであるmikuruさんにさまざまな質問をぶつけてみた

    ライター
    大学時代4年間で累計ゲーセン滞在時間がトリプルスコア程度学校滞在時間を上回っていた重度のゲーセンゲーマーでした。 喜ばしいことに今はCS中心にほぼどんなゲームでも美味しく味わえる大人に成長、特にプレイヤーの資質を試すような難易度の高いゲームが好物です。
    編集
    ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
    Twitter:@ishigenn


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 originalnews.nico)



    <このニュースへのネットの反応>

    【『ドラクエ7』キーファをレベル99へ。600時間か、よく折れなかったな 強烈な精神攻撃ぐらい辛かったはず】の続きを読む

    このページのトップヘ

    育毛剤